風俗と欲望の日々

シミュレーション。これもまた、必要

風俗で遊ぶ前には必ずシミュレーションをして、自分の気持ちを盛り上げるようにしているんですよ(笑)風俗嬢の情報を見ればどんな子なのか分かりますので、それらの情報をもとに、自分と楽しんだらどんな時間になるのかを頭の中でシミュレーションするんです。シミュレーションというよりも、どちらかといえば妄想といった方が良いかもしれません(笑)根拠が無いだけに、イマジネーションを膨らませているだけなのかもしれないんですけど、脳内でもやっぱり相性があるものなんですよ(笑)脳内でもイマイチしっくりこないなって時もあれば、逆に脳内でのプレイなのに自分でも勝手にワクワクするような時もあるんです。これはおかずと同じ原理ですね(笑)だから風俗ではとりあえずシミュレーションして、そこで自分にマッチしているかもしれないとか、妄想の中でも自分がかなり楽しめるなって思うような時になれば、その子は指名して間違いない女の子なんだなって確信するんです。

娯楽のない自分の娯楽は風俗です

転勤してからと言うものの、風俗のお世話になることが増えてました。それもそのはず、転勤した先にはあまり娯楽がないんですよ。何せ会社から車まで支給されるようなエリアなんです。それだけでも、如何に娯楽が少ないというか、自動車社会の街だってことが分かるんじゃないですかね(苦笑)だから風俗くらいしかないんですよ。男が独りで大きなスーパーに言っても何もやることもないじゃないですか(苦笑)だから風俗なんですけど、風俗もお店の姿は見当たらないんですよ。だからホテルまで行って、そこデリヘル嬢を呼んで楽しむんです。お店が大好きって訳じゃないんですけど、選択肢はあるに越したことはないじゃないですか。デリヘルだけだとデリヘルしか選択肢がないですしね。でも、サービスがあるだけで十分と言うか、あれこれ言っちゃいけないなって。もしもデリヘルが無かったら、風俗云々ではなく、娯楽そのもののない街に転勤しちゃっていたのかもしれないんですし。