風俗と欲望の日々

娯楽の最高峰だと思う

あくまでも自分かってな意見ではありますが、風俗は娯楽の最高峰と言っても決して過言ではないんじゃないかなって思っているんですよ。なぜなら、風俗で遊んでいる時だけは何も考えず、さらには楽しんだ後の満足度という点に於いてもやっぱり特別と言うか、素晴らしいなって思うことが多いんですよね。そんな気持ちになれるようなサービス、正直な所なかなかないんじゃないのかなって思うんですよね。世の中にはいろんな娯楽があって、それぞれとっても楽しいとは思いますけど、それだけじゃないんです。いろんな楽しみ方が待っていますけど、おどらく男にとってこれ以上合理的な娯楽はないんじゃないかなって気持ちもあるんですよ。快楽はもちろんですけど男としての自尊心を満たすことも出来ますし、非日常感や刺激。そして性癖。これらすべてを満たすことが出来る娯楽は、自分が知る限りでは風俗位しかないんじゃないかなって思うんですよね。だから大好きなんですよ。

誰がどうすべきなのかって問題ですね

風俗で遊ぶ時に何よりも一番考えているのは、たくさんいる風俗嬢の中から、誰を選ぶとどんな展開が待っているのかを明確にするってことですね。女の子によって、快感や満足度は違うんです。それはもう当たり前の話ですけど、じゃあその女の子を選ぶのは誰なのかって話じゃないですか。それは決して、強制的に選ばれるのではなく、自分自身で決められるじゃないですか。フリーの時は話は別ですけど、風俗では自分で指名して楽しむことが出来るんです。だから誰を指名するとどんな時間が待っているのか。これを整理することによって、じゃあ誰を指名すると良いのかってところがよく分かるようになると思うんですよね。だから自分も性癖と予算、そして女の子だけじゃなくジャンルそのものの特徴。それらを総合的に勘案したうえで、選ぶべき女の子を決めるようにしているんですよ。適当に選んでいるように思われるんですけど、結構しっかりと考えるようにしているんですよね。